なぜ、商品はとてもいいのに思うように売れないのか?

いい広告、売れてるウェブサイトをマネして作ったにも関わらず思ったほど問い合わせがない。商品がほとんど売れない。
メルマガの反応もない。

それは、作者が決定的な間違いをおかしているのに気がついていないからです。

「なぜ、お客がこの商品を買うのか?」という顧客の心理状態を把握せずに、単に売れるサイトを真似したデザインにしたり、キーワードをいじっても販売に結びつきません。

「影響力の武器」(誠信書房)という本をご存知でしょうか。
この本を書いたロバート・チャルディーニが、6つの行動心理として明らかにし、一冊の本に分かりやすくまとめました。

それが、この本です。
現代広告の心理技術101
消費者原理の17の原則から「どうすればお客は行動を起こすのか?」を、消費者の行動心理とそれをもとにした売るための心理テクニックが書かれいます。

ただ、事例が外国のものなので、日本人にはちょっと違和感があるかもしれません。

しかし、その欠点を補って余りある1冊です。

詳しくは こちら
koukoku101cover.jpg
この記事へのコメント
はじめて訪問します。

現代広告の心理技術101

とても気になります。
有用な情報ありがとうございますm(__)m

また、おじゃまさせていただきますね。

ポチっ
Posted by ぼっくん at 2014年01月02日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383565575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。